スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沈む島の真実 キリバスから】旧日本軍の痕跡(産経新聞)

 キリバスの首都・タラワの西の外れに、第二次世界大戦で日米の激戦地となったベシオ島がある。白い砂浜を歩くと、高さ約3メートルの砲台やトーチカ、戦闘機の破片などを見つけることができる。旧日本軍が残したものだ。

 防衛省に残された資料などによると、旧日本軍がタラワに送り込んだ兵士は約4700人。外洋から米軍が攻め込むことを想定し、海岸沿いに砲台とトーチカを設置、決戦に備えた。しかし、昭和18年11月21日、米軍は水陸両用船を使ってラグーン側から進入。4500人の日本兵が、2日あまりで玉砕した。

 キリバスは戦後、再び英国の植民地となり、54年7月独立。日本とは親交が深く、ベシオ島とタラワ本島をつなぐ橋「ニッポンコーズウェイ」は日本のODA(政府開発援助)で62年に完成した。ベシオは現在、国で一番の商業街だ。

 砲台は今、子供たちのちょうどいい遊び場になっているようだ。親戚(しんせき)の子供たちと来ていたガイウェア・アウォクさん(20)は砲台に座ると、笑顔でこう言った。

 「僕らの間では、ねばり強い人のことを『日本人みたい』と言うんですよ。日本兵が、雨水で飢えをしのぎながらトーチカに何日も潜んでいたって学校で習ったからです」(今泉有美子)

 =随時掲載

<一宮殺人未遂>「黒い服の男」目撃…現場そばで数日前から(毎日新聞)
新たな仕組みの抗カビ物質=医薬品開発へ応用期待―理研など(時事通信)
<はやぶさ>カプセル回収は準備万端(毎日新聞)
参院選400人超立候補へ…07年上回る(読売新聞)
子ども手当支給、来年度の満額困難…長妻厚労相(読売新聞)
スポンサーサイト

「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は7日午前、報道各社の世論調査で菅直人新首相への期待が6割程度と高いことに関し、「国民に『小沢隠し』、『小沢仕分け』と映っている。これがすべてだ」と述べ、閣僚・党役員人事で小沢一郎前幹事長に近い議員を主要ポストで処遇しなかったことが要因との見方を示した。
 その上で「菅氏はクリーンな政治(を実現する)と言っているのだから、今国会中の小沢氏の証人喚問などを実行するべきだ。それができないなら猫だまし内閣と言わざるを得ない」と指摘した。党本部で記者団に語った。
 公明党の山口那津男代表も、ほぼ固まった新内閣の陣容について「新味は感じられない」と批判。高い「菅氏への期待」に対しては「政権交代直後の高揚感はない。一時的なものだ。国民は政権担当能力があるかどうかを見ている」と述べた。国会内で記者団に語った。 

民主党 主な新役員の会見要旨 枝野幹事長(毎日新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
どのデジタルオーディオプレーヤーを使っていますか(Business Media 誠)
悪質業者取り締まり徹底を=児童ポルノ対策で全国会議―警察庁(時事通信)
会期延長、菅氏の判断=民主・輿石氏(時事通信)

放送法改正案を強行可決=審議会の機能拡大は削除―衆院総務委(時事通信)

 衆院総務委員会は25日午後、放送法改正案の採決を強行、電波監理審議会(総務相の諮問機関)の機能を拡大する条項を削除する民主、社民両党提出の修正案を賛成多数で可決した。与党は27日の衆院本会議の通過を目指す。一方、野党は与党が修正協議を一方的に打ち切ったと反発している。
 削除した条項は、審議会が放送行政について諮問なしに自ら調査、総務相に建議できるとするもの。放送業界や野党が、番組内容への介入を招きかねないと懸念を示したため、与党は修正に応じた。さらに、自民、公明両党はNHK会長を同経営委員会メンバーに加える条項の見直しを求めていたが、与党との協議では合意に至らなかった。 

【関連ニュース】
出先機関持つ省も参加を=地域主権会議で要請
宝くじ法人の改革、早急に=原口総務相
現行の監査制度、廃止含め見直しを=自治法抜本改正で
海保周波数で無線、男逮捕=「混乱想像しスカッと」
指摘、謙虚に受け止める=宝くじ見直す必要性も

福島氏、署名拒否なら辞任を=自民・浜田氏(時事通信)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
<タクシー強盗>銀行の2副支店長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員(医療介護CBニュース)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)

乱歩賞に横関大さん(時事通信)

 第56回江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催)は14日、静岡県富士宮市在住、横関大さん(35)の「再会のタイムカプセル」に決まった。賞金1000万円。授賞式は9月9日、東京・内幸町の帝国ホテルで。 

【関連ニュース】
桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏
ホラー小説大賞にふりーくかな氏
松本清張賞に村木嵐さん
横溝正史賞に伊与原新さん
蛇笏賞に真鍋呉夫氏

大江参院議員、幸福実現党の選対本部長に(産経新聞)
<檜枝岐歌舞伎>山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)
<傷害容疑>床にたたきつけ1歳長女重体、21歳母逮捕(毎日新聞)
校長「回復祈ろう」保護者ら登校付き添い 大阪・小2刺傷(産経新聞)
<もんじゅ>福井県知事と首相が会談 地域振興など協議(毎日新聞)

もんじゅ、臨界に=事故から14年ぶり-福井(時事通信)

 日本原子力研究開発機構は8日、1995年のナトリウム漏れ事故以来、14年5カ月ぶりに運転を再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が同日午前10時36分、核分裂反応が連鎖的に起きる臨界に達したと発表した。
 原子力機構は同日午前9時から制御棒の引き抜き作業を開始。中央制御室では、幹部らが作業を見守り、中川正春文部科学副大臣も立ち会った。
 もんじゅは6日午前10時36分、試運転を再開。原子炉が臨界に達する点を予測するため、7日まで制御棒の引き抜き試験を行った。
 6日深夜から7日午前にかけ、核燃料の漏えいを検出する装置が誤警報を発する不具合があったが、原子力機構は安全監視に影響はないとして試運転を継続した。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

漫画家協会賞大賞に安部、鮎沢両氏(時事通信)
洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」-国交省(時事通信)
御柱祭で落下事故、1人死亡=1人が重体-長野・諏訪大社(時事通信)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
プロフィール

Author:まかべつかささん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。